メニュー

閉じる
  1. ホーム
  2. 西日本産業衛生会について
  3. 健康経営宣言

健康経営宣言

基本方針

西日本産業衛生会は、社会の健康を守り、創造する労働衛生機関として、職員の心身の健康がサービスを提供するうえで必要不可欠な「資本」であることと考え、 職員への健康情報の提供や健康投資を促すための仕組みを構築するなどの「健康経営」に取り組んでいます。
職員自らが健康を意識し、積極的且つ能動的に健康づくりに取り組み、活き活きと健康に働けるよう様々な取り組みを実施していきます。
また、同時に、健康に関する正しい知識及び正しい情報を地域の皆様方や職場で働く方へ継続的に発信し、健康活動をさらに推進していきます。

1.定期健康診断の受診促進と社員の健康管理・指導を推進します。

2.ワークスタイル変革に取り組み、健康的な職場環境をつくります。

3.健康課題を解決するため、社員参加型の活動を実施します。

職員の健康管理に向けた取り組み

ページのトップへ