メニュー

閉じる
  1. ホーム
  2. 産業保健
  3. 産業保健

産業保健

産業医と産業保健師が連携し働く人の健康をサポート

『産業保健』は、職場における労働者の安全と健康を確保し、心身ともにイキイキと働くことで生産性の向上を図ることを目的にしています。
弊会の産業医および産業保健師は、企業外労働衛生機関の専門職として、労働者が健康で活力ある職場づくりをサポートするとともに、企業の労働安全衛生活動における問題解決に向けた支援を行います。

労働衛生の5管理

職場の健康とは、職場において労働者が健康で安心して働けること。そのためには事業場による様々な取り組みや支援が必要です。

1.作業環境管理

作業環境中に存在する有害物質の除去、または一定レベル以下に管理

2.作業管理

作業内容、方法などを管理し、作業負荷や有害因子による影響を最小限にする

3.健康管理

業務による健康障害の防止および健康の保持増進を図る

4.労働衛生教育

教育により安全または健康に関する問題の発生予防、改善を図る

5.総括管理

1~4の実施体制を構築・管理し、職場の労働衛生管理が効果的に行えるようにする


ページのトップへ