保険診療によるPET検査

保険の適用について

 
FDG-PET/CT検査の保険診療について(PDF 1,122KB) ≫≫
PET/CT診療情報提供書(PDF 59KB) ≫≫
PET/CT診療情報提供書の記入例(PDF 607KB) ≫≫

保険診療によるPET検査

●PET/CT検査とは
PETの正式名称は「陽電子放射断層撮影法(ポジトロン・エミッション・トモグラフィ)」です。
体内の様子を撮影して、その画像をもとに診断するという点についてはCTやMRIなどの画像検査と同じなのですが、その仕組みが大きく異なります。
CTやMRIなどは、臓器の大きさや形状といった「形」の異常から主に病巣をとらえるのに対し、PETは細胞の活動度、つまり「機能」の違いから病巣をとらえます。
たとえば、CTやMRIは臓器にこぶ(腫瘍)があるという形の異常を見つける能力は優れています。
機能をとらえるPETは、そのこぶ(腫瘍)が悪性か良性か、活動が活発かおとなしいのかといった性質を診断することに適しています。
PET検査のメカニズムは、癌細胞は、正常細胞よりも多くのブドウ糖を取り込むという性質に基づいています。そのため、疑似ブドウ糖であるPET検査薬を注射しますと、癌病巣には正常細胞と比較して3〜8倍の検査薬が集まります。その分布を画像化しますと、癌の存在診断と同時に癌の広がりの診断が可能となります。また、原発巣検索、再発・転移診断と癌診断において様々な目的で用いられています。
●主治医の先生、かかりつけ医の先生にご相談ください
保険診療によるPET/CT検査は癌患者様ご自身やご家族の方が主治医の先生またはかかりつけ医の先生に相談し、先生が必要と認め、保険適用条件に合致することを確認できたうえで検査施行となります。
具体的には、主治医の先生またはかかりつけ医の先生から「診療情報提供書」をいただき、可否判断をさせていただき、保険適用条件が合致すれば、患者様にPET/CT検査を受けていただきます。検査結果報告書は主治医の先生またはかかりつけ医の先生へお返しします。
癌患者様ご自身やご家族の方が直接依頼することはできません。
まずは「主治医の先生またはかかりつけ医の先生にご相談ください」

※保険診療によるPET/CT検査の患者様負担額は3割負担の方であれば約3万円です。


PET製剤(18F-FDG)ができるまで (PDF 212KB)
FDG集積の評価方法 (PDF 265KB)

お問い合わせフォーム アクセスマップ

個人情報保護について