文字の大きさ
  • 大きいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 小さいサイズ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. 若杉病院ホーム
  2. 地域の皆さまへ
  3. 生活習慣病療養支援委員会

生活習慣病療養支援委員会

若杉の会 ~糖尿病患者会~

 糖尿病の予防や治療には、生活習慣の改善が重要であり、患者様や患者様を支えるご家族様に日々の努力と忍耐が必要となります。また最近は、肥満や高脂血症など他の生活習慣による疾患をお持ちで、糖尿病を心配されている方なども増えています。

 こういった多くの方々に対し、糖尿病に対する正しい知識を提供し、充分に療養について語り合う場を作り、糖尿病の予防および治療に生かしていく事を目的として、1961年に糖尿病患者様と医療スタッフにより日本糖尿病協会(日糖協)が結成されました。現在全国47の支部に1500の糖尿病患者会が加盟しています。

 当院でも、患者様やご家族、糖尿病に関心をお持ちの方、どなたでもいつでも患者会を通じて療養を支える仲間の輪に参加できる環境作りを行いたいと考え、2003年4月に糖尿病患者会「若杉の会」を発足いたしました。

活動内容

  1. 1.日本糖尿病協会発行の定期刊行物「さかえ」の配布(購読料有)
  2. 2.糖尿病パンレットの配布
  3. 3.親睦会「健やかライフ教室」の開催(年2回)

健やかライフ教室 年2回開催 

 健やかライフ教室は糖尿病や生活習慣病についての正しい知識を身に付け、予防・改善に取り組むことを目的としており、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
【開催時期】
  春 運動療法 4月29日(昭和の日)*変わることがあります。
  秋 食事療法 11月ごろ
 どちらも事前予約が必要となります。1ヵ月前に受付を開始しますのでご興味のある方はぜひ当院までお問い合わせください。(電話092-947-0511)ご家族・ご友人との参加も大歓迎です!!

 

スタッフ紹介

療養指導医 宮本美知子 (日本糖尿病学会専門医)
看護師 有隅淳子 (福岡糖尿病療養指導士)
米丸光世 (福岡糖尿病療養指導士)
瀬戸俊哉 (糖尿病看護認定看護師)
白川八千代(福岡糖尿病療養指導士)
薬剤師 大窪恭子
理学療法士 山本久美子 (福岡糖尿病療養指導士)
管理栄養士 西岡麻友子
臨床検査技師 松本都美 (福岡糖尿病療養指導士)

活動報告

2017年4月29日

第14回 健やかライフ教室

 晴天の中、篠栗町春らんまんウォーキングに今年も参加してきました!!
 運動前後での血糖測定では、運動前の血糖値(朝食は摂っていただいています)が高かった方も皆さん運動後にはほぼ基準範囲まで下がり、今年も運動療法の大切さを実感しました!
 そして、今回は初の試み!『団欒』と『宮本先生へ質問!』の時間をつくってみました。
 最初は皆さん、軽食をいただきながら静かに団欒していましたが、質問が一つ出たのを機に、次から次へとたくさんの質問がありました。宮本医師にとっても、診察時には聞けないお話や患者様が抱えている疑問などゆっくりと聞くことが出来、貴重な時間となったようでした。
 予定時間を30分オーバーしてしまいましたが、教室は無事に終了となりました。また、次回の教室の参加を心よりお待ちしています。

宮本先生へ質問へ
教室の様子 教室の様子
教室の様子

2016年11月17日

第13回 健やかライフ教室

 今回は「足の血流と生活習慣」をテーマに教室を開催しました。
 全身の動脈の中で主に手足に血液を届ける動脈「末梢動脈」に動脈硬化が起き(末梢動脈疾患といいます)、放っておくとひどい場合には壊死を起こすこともあります。
 この末梢動脈疾患(PAD)について、症状や原因、特徴など宮本医師が解りやすく説明してくれました。
 また、PADの診断時に行う検査の一つであるABI検査(足関節上腕血圧比)のデモンストレーションも行いました。
 PADは気づかない間にゆっくりと進行していきます。歩くと下肢が痛くなる原因にはいろいろありますが、「年のせいだから」と自分で判断せず、一度かかりつけの医師にご相談ください。

PADの主な症状 ~フォンテイン分類~

I 度 足が冷たい、足がしびれる、足の皮膚が青白い
II 度 少し歩くと足が痛くなり、歩けなくなるがしばらく休むとまた歩けるようになる(間歇性跛行)
III 度 じっとしていても足が痛む
IV 度 足の皮膚がただれたり(潰瘍)壊死したりする

秋の教室では恒例となりました当院栄養管理科手作りの行楽弁当は塩分2.9gと控えめな味付けでしたが、食材の味がしっかりとしており、参加された方々はご家庭での味付けを考えている様子でした。

教室の様子  
行楽弁当   教室の様子
教室の様子

2016年4月29日

第12回 健やかライフ教室 ~運動療法~

 晴天の中、篠栗町主催の春らんまんハイキング・かぶとの森コースに、患者様ご友人6名と職員4名、計10名で参加してきました!
 もちろん今年もハイキングの前後で血糖測定を行いました。普段は自己血糖測定をされている患者様に『結果を見て一喜一憂しないでくださいね。』とお話していますが、この日ばかりは内心ドキドキ!一喜一憂してしまいます。そんな中、嬉しい結果が出ましたのでご紹介します。

 昨年初めて参加されたAさん。この時は、途中から息が上がってかぶとの森公園までたどり着くのもやっとの思いでした。運動後の血糖値も運動前と変わらず高いまま。しかし、昨年末の約1ヵ月の教育入院(入院中の食事を写真に撮り、時々見返しているそうです)と、退院後のリハビリ通院を経て、今年はかぶとの森公園まで息も上がらずニコニコペースで快調に歩くことができ(途中、職員から何度も大丈夫ですか?と聞かれていました)、運動前の血糖値は高いものの、昨年下がらなかった運動後の血糖値は100mg/dl以上も下がり、努力が結果となって表れました!Aさんは晴れやかな顔で、「今後も継続します!」と言ってご帰宅されました☆

 その他の皆様も、運動前の血糖値の高い方は運動後には値が下がり、糖尿病のない方は運動の前後で値を保っていました。今回は運動と努力の効果を実感した健やかライフ教室になりました。

お弁当の写真   健やかライフ教室の様子

 会場で健康チェックを行っている当院スタッフに見送られてスタート!こいのぼりの泳ぐかぶとの森公園で折り返し、約5kmの道のりをニコニコペースで楽しみ、全員完歩しました♪

2015年11月19日

第11回 健やかライフ教室 ~食事療法~

 今回のテーマは2つ!!
 1つ目は『ご存知ですか?ロコモティブシンドローム』です。最近よく耳にする'ロコモ'について宮本医師がわかりやすく話してくれました。みなさん、チェックシートで早速ロコモ度を確認していました。
 2つ目は『おやつを上手に楽しむ方法』です。管理栄養士が1単位80kcalのおやつや果物を切り分け、楽しく解説してくれました。1単位80kcalの量は、りんごなら半分、バナナは1本、アンパンでは4分の1、どら焼きは3分の1となります。
 あなたなら何を選びますか?

健やかライフ教室の様子   健やかライフ教室の様子   お弁当の写真

 昼食は当院栄養科特製のお弁当です!秋には欠かせない(?)栗おこわが主役となり、鶏肉ロールや鮭の塩焼き、たまご焼き、和え物などがお腹を満たしてくれました。エネルギーは556kcalで、塩分量は少し多めの3.14gでした。ご飯の量は130gと見た目より多く、みなさん驚いていました。人気No1は鶏肉ロール♪

2013年11月21日

第7回 健やかライフ教室

 篠栗町にあるお店'地蔵とうふさん'に特別にヘルシーなお弁当を作って頂きました!!
 お腹いっぱいになりましたがカロリーはおよそ560kcalです。
 美味しくお弁当を食べた後にはみんなで勉強です。
 今回は『塩分』について栄養科の岡田課長にお話ししていただきました。
 糖尿病のある人の6割以上が高血圧も合併しています。皆さんメモを取って真剣に聞いていました。

減塩のポイント

  1. 酸味・辛味・香りを利用しましょう!
  2. 味付けは表面に、調味料は計量して使いましょう!
  3. 漬物・汁物の量に気を付けましょう!
  4. 食べ過ぎない、減塩調味料にも注意!
  5. 加工食品に気を付けて!

 塩分はすべて「塩」から摂っているわけではなく、半分は加工食品に含まれる塩分で、残りがみそ・しょうゆ・ソースといった調味料から摂っています。
 ご家庭でも上記のポイントに気を付けて、美味しく食事をいただきましょう☆
 また、野菜や果物には、血圧を下げる作用があると言われるカリウムが豊富に含まれています。野菜は毎食、果物は毎日1個食べるようにしましょう!

お弁当の写真   健やかライフ教室の様子

2013年4月29日

第6回 健やかライフ教室

 篠栗町主催の“篠栗はるらんまんハイキング”に参加してきました!!!今回で2回目の参加となりますが、運動の前後で血糖値がどのくらい変動するのか測定してみました。
 カブトの森コースで往復約5キロのウォーキングです。ニコニコペースでマイペース!晴天のなか、軽く息を弾ませ楽しく歩くことが出来ました♪糖尿病の方では100~120mg/dl血糖値が下がっていました。
 参加してくれた小学生の男の子(職員のお子さんです)が暑いので清涼飲料水で水分補給をしていました。結果は5キロ歩いたにもかかわらず少しですが血糖値が上昇していました。糖分を含んだ飲料水は低血糖の予防になりますが、飲み過ぎると高血糖の原因となります。
 これから暑い夏を迎えますが、水分補給の方法にはご注意ください!!

2012年11月25日

第14回 糖尿病及び合併症予防のための講演会 -福岡-

 当院が実行委員を務めさせていただきました糖尿病講演会のご報告をいたします。
 教育講演では、3名の先生方に貴重な講演をしていただき、ご来場の皆様も熱心にお話を聴かれていました。講演後には質問も飛び出し、大変意義のある時間を過ごせたと思います。
 講演の中から、運動についてのお話を一つご紹介します。運動するときは、「○○運動○○分で○○キロカロリー消費」と、消費カロリーを気にしていませんか?実は私もそうでした。頑張って運動しても、思うようにカロリーは消費されません。しかし、今回の講演で『運動は細胞が糖を使うための入り口を活性化する(元気にする)』ということが分かりました。カロリーの消費は少しでも、細胞の“糖の入り口”が活性化されることで、良好な血糖コントロールに繋がっていくのです。
 皆様もご自分の細胞が元気になるイメージを持って運動されてみてはいかがでしょう。少し運動が楽しくなるかもしれません♪

田中区夏祭りの様子   田中区夏祭りの様子
講演の間にストレッチ体操で頭も体もリフレッシュ☆   食品の中に含まれる塩分量を実際に見ることが出来ました!思った以上の量に皆さま驚いたご様子でした。