1. ホーム
  2. 特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

対象者

医療保険に加入している被保険者(本人)・被扶養者(家族)
(協会けんぽ・組合健保・共済組合・国保)

40歳から74歳までのすべての方が対象です

特定健診

日本人の死因の6割が「がん」「心臓病」「脳卒中」などの生活習慣病です

メタボリックシンドロームの改善のポイント
 高血圧症・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく肥満、特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることがわかってきました。
 これを受け、平成20年4月よりメタボリックシンドロームやその予備群を対象に改善と予防に向けた支援を行う保健指導に重点をおく健診がはじまりました。

特定保健指導

行動変容のために

 健診結果により生活習慣病の発症リスクなどから、3つのグループ「情報提供レベル」「動機付け支援レベル」「積極的支援レベル」に階層化され、医師・保健師・管理栄養士などの専門家がプログラムに沿って生活習慣病のリスクの数に基づき優先順位をつけて保健指導を行います。

チェック表

積極的支援について


特定健診・特定保健指導の詳しい内容、ご予約、お問い合わせは

北九州健診診療所

^

八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)

福岡健診診療所

大分労働衛生管理センター

特定健診・特定保健指導
特定健診・特定保健指導
積極的支援について

健康診断バス

施設案内
北九州健診診療所(小倉)
八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)
福岡健診診療所(福岡)
大分労働衛生管理センター(大分)
北九州PET健診センター
環境測定センター北九州事業部
環境測定センター大分事業部