1. ホーム
  2. 特定健診・特定保健指導
  3. メタボリックシンドロームとは?
  4. メタボリックシンドロームチェック

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームチェック

(1) まずは体重を測ろう!

BMIは肥満度の目安となる数値です。計算してみましょう。
※標準体重だとBMIは22になります。これに近いほどGOODです!

BMI=体重(kg)÷身長(m)二乗

(2) BMI25以上の人は、今の体重の5%減量を!

例えば、体重70kgの人は3.5kgの減量。80kgの人は4kgの減量をめざしましょう。

BMIの測定(JavaScript版)

このページでは、ブラウザ上で動作するJavaScript言語を用いて、身長、体重の入力値によりBMIや肥満度を計算することが出来ます。

BMIの測定

下「BMI測定」フォーム内の体重・身長・性別・年齢を入力し、測定ボタンをクリックすると、その入力値でのBMIが計算されて算出表示されます。

身長 (cm)
体重 (kg)
性別
年齢 (歳)

測定結果表示
BMI
肥満度
理想体重
標準体重
備考
BMIとは!?
BMI(ビー・エム・アイ)とはBody Mass Index の略で世界共通の肥満度の指標をあらわします。
BMI=体重(kg)/身長(m)2 から求められ標準値は22です。
標準値に近いほど病気にかかる確率が低いといわれています。

(3) 内臓脂肪をためる生活習慣とは?

階段は使わず、エレベーターなどに乗ってしまう 運動をあまりしない おなかいっぱい食べないと気が済まない 味付けが濃い 間食をよくする たばこを吸っている、もしくは最近まで吸っていた

預金に例えると内臓脂肪は「普通預金」、皮下脂肪は「定期預金」。内臓脂肪はたまりやすく、落ちやすいという性質があります。

(4) エネルギーをこまめに使いましょう!

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動(ウォーキング・自転車・水泳など)が有効です。
運動する機会の作れない人は、日頃の生活に運動を取り入れましょう。

  • できるだけ階段を使いましょう
  • 駅やバス停をひとつ手前で降りて歩きましょう
  • 目的地へ行く際にまわり道をしましょう
  • 家の中では、こまめに床や棚の拭き掃除をしましょう

※膝が悪い方は、負担がかかりにくい自転車こぎ、水中ウォーキングなどがおすすめです。
※消費エネルギーの目安(10分) 急ぎ足40kcal、自転車36kcal、ぞうきんがけ35kcal、ラジオ体操40kcalなど

(5) 余分なエネルギーを貯めないように!

まずは、食べ過ぎを防止しましょう!

  • 野菜類から食べましょう
    ※レタスやキャベツなど歯ごたえのあるものを大量にじっくり噛むと、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎの防止になります。
  • 1日3食きちんと食べましょう
  • 夕食は腹いっぱいに感じる前にやめましょう
  • 間食をやめましょう

メタボリックシンドロームの説明へ

特定健診・特定保健指導

メタボリックシンドロームとは?
メタボリックシンドロームの概要
メタボリックシンドロームチェック

健康診断バス

施設案内
北九州健診診療所(小倉)
八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)
福岡健診診療所(福岡)
大分労働衛生管理センター(大分)
北九州PET健診センター
環境測定センター北九州事業部
環境測定センター大分事業部
若杉病院