1. ホーム
  2. メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームの概要

 日本人の三大死因はがん、心疾患、脳血管疾患です。
そのうち心疾患、脳血管疾患を引き起こす原因は「動脈硬化」です。
「動脈硬化」を引き起こす危険因子としてコレステロールが知られていますが、最近の研究で肥満(特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した内臓肥満)がさまざまな生活習慣病を引き起こし、「動脈硬化」の要因となることがわかってきました。

 内臓に脂肪が蓄積し、高血圧症・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などの生活習慣病が起きやすい状態が「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」です。 これらの病気は、お互いが密接な関係をもって発生しています。
数多く合併するほど、動脈硬化を進行させ、心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患をおこしやすくなります。

特定健診・特定保健指導 平成20年4月よりスタート

 高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が大きな危険因子であることがわかってきました。
 これをうけ、平成20年4月より健診によってメタボリックシンドロームやその予備群の人を人を見つけ出して改善と予防に向けた支援を行う保健指導に重点をおく健診がはじまりました。

特定健診・特定保健指導

メタボリックシンドロームの診断基準

日本内科学会による基準値(2005年4月)

BMI=体重(kg)÷身長(m)二乗

メタボリックシンドロームの状況

 厚生労働省が発表した「平成16年国民健康・栄養調査結果の概要について~メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況を中心に~」によると、メタボリックシンドロームが強く疑われる者と予備軍と考えられるものを併せた割合は、男女とも40歳代以上で高くなっているのです。
 さらに40~74歳でみると、なんと男性の2人に1人、女性の5人に1人を占めています。

メタボリックシンドロームが強く疑われる者と予備軍の割合

  男性 女性
30歳代
約20%
約3%
40歳代
約40%
約10%

40~74歳のメタボリックシンドロームが強く疑われる者と予備軍の割合

  男性 女性
強く疑われる者
25.7%
10.0%
予備軍
26.0%
9.6%
合計
51.7%
19.6%

メタボリックシンドロームチェックへ

メタボリックシンドロームとは?
メタボリックシンドロームの概要
メタボリックシンドロームチェック

健康診断バス

施設案内
北九州健診診療所(小倉)
八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)
福岡健診診療所(福岡)
大分労働衛生管理センター(大分)
北九州PET健診センター
環境測定センター北九州事業部
環境測定センター大分事業部
若杉病院