1. ホーム
  2. 乳がんについて

乳がんについて

乳がんのはなし(基礎知識)

概要

 乳がんは、今後日本人女性に起こるがんの中で最多になると予想され、その数は近年急増しています。
現在、年間約35,000人が乳がんにかかり、そのうち1万人ほどが亡くなっているのです。
乳がんの発生は、20歳過ぎから認められ30歳代ではさらに増え、40歳代後半から50歳代前半でピークとなっています。 20歳を過ぎると「乳がん年齢」なのです。

 厚生労働省では、40歳以上の女性はなるべく年1回の乳がん検査を受けるよう、積極的に呼びかけていますが、早期発見に努めるうえで一番大切なことは、自己検診を行うことなのです。

 当然ですが、最初に異常に気づく機会が多いのは本人であり、がんの中で自己検診が可能なのは乳がんだけです。 まずは自己検診で異常に気づくことが大切です。

乳がんに関するデータ乳がんのできやすい場所

乳がんって、どんな病気?

 乳がんは乳房の中の乳腺の部分から生じる悪性の腫瘍で、おもに痛みのない「乳房のしこり」が代表的な症状としてあげられます。 乳がん発見のきっかけとなる症状のうち、「乳房のしこり」は全体の約80%を占めます。

 その他、乳頭から血の混じった液が出たり乳頭がくぼんだりすることもあります。
また、皮膚のただれ、ひきつけ、くぼみや痛みなどが現れることもありますが、ほとんどの場合はしこり以外に目立った症状はありません。

乳がんになりやすい人は?

 次の条件にあてはまる人は、乳がんになりやすいことがわかっていますので、注意が必要です。

  • 12歳以下で初潮があった人(乳がん発生率:通常の約2~3倍)
  • 55歳以上で閉経した人(乳がん発生率:通常の約2~3倍)
  • 35歳以上で初産を経験した人・出産経験がない人(乳がん発生率:通常の約1.2倍)
    ※これは24歳以下で初産の経験がある人のほぼ2倍の発生率です。
  • 授乳経験のない人(乳がん発生率:約2.5~3倍)
  • 標準体重を2割以上超えている、肥満の人
  • 避妊薬ピル、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンを常用している人

(NPO法人J.POSH HPより)

 その他、乳腺疾患にかかったことがある人や、家族(特に母、姉妹)に乳がんになった方がいる人は発症しやすいとの報告もあります。

 乳がんは「エストロゲン」という女性ホルモンの働きが関係しています。
食生活の欧米化によって、女性の体格がよくなった結果、「初潮が早く、閉経が遅い人」が増え、エストロゲンが分泌される期間が長い人が多くなったことが考えられます。

 女性の社会進出によって、初産が30歳以上の人や出産経験のない人が多くなったことも、乳がんの発生率を高めています。 また、閉経後は卵巣からのエストロゲンが減り、脂肪細胞でつくられるエストロゲンが増えるため、肥満の人は痩せている人よりも乳がんのリスクが高くなります。

乳がんの検査

自己検診

自分で乳房のしこりなどを検査する方法です。

自己検診法はこちら

視触診

自己検診と同じような方法で、医師が乳房を観察して触れながらしこりの有無などを確認します。

マンモグラフィー ※X線検査

乳房専用の装置で行うX線検査です。触ってもわからないような乳房の奥の方にあるがんも、マンモグラフィーなら発見できます。 また、しこりになる前のごく早期のがんも発見できるのが特徴です。

乳房(乳腺)エコー ※超音波検査

乳房専用の特殊な探触子を乳房や脇の下にあて、がんが疑われる影がないかを検査します。
超音波検査では、マンモグラフィー同様、小さながんも発見できます。
また、X線を使用しないので妊娠中の人も受けられるというメリットもあります。

乳がんの自己検診法

早期発見・早期治療が大切です

 乳がんは「自己検診」によって自分で早期に発見することが可能です。
がんが発見されるのが早ければ早いほど、小さければ小さいほど治すことができます。
大切なのは、早期の段階で乳がんを発見することです。 20歳を過ぎたら毎月1回、自己検診を行いましょう。

乳がんの自己検査法紹介

 閉経前の人は月経が終わって5日ほどたった頃(乳房の張りや痛みがなくなり柔らかくなった頃)、閉経後の人は「毎月1日」という具合に覚えやすい日を決め、1ヶ月に1回、定期的に行いましょう。


鏡の前で乳房をよく見る

  • 1.左右の乳房の大きさや形に変化がありませんか?
  • 2.乳房のどこかにくぼみやひきつれたところはありませんか?
  • 3.乳頭がへこんだり、湿疹のようなただれができていませんか?


左:両手をあげた姿勢で


右:両手を腰に当てて


鏡の前で乳房をよく見る

 片方の腕を上げ、もう片方の手の指(親指以外の4本の指の腹)で乳頭の周りから乳房、脇の下まで「の」の字を書くように触り、しこりがないかをくまなく確認しましょう。
 仰向けになり、触れる側の肩の下に座布団などを入れた状態で触れると、乳房の厚みが薄くなるので、しこりを発見しやすくなります。
また、入浴の際に手に石けんをつけて行うと手が滑りやすくなり、小さなしこりも見つけやすくなります。


左:片手をあげた姿勢で、
   4本の指の腹を使って


中:「の」の字を書くように


分泌液がないかを確認する

 乳房の付け根から乳頭にかけて、やさしく押してしぼるようにして、乳頭からの分泌がないかを確認しましょう。


しこり、その他の異常に気づいたら、自己判断したり悩んだりせずに、早く外科や乳腺外科などの専門医を受診しましょう。

乳がん検診のご案内はこちら


乳がん検診は以下4つの健診センターで承ります。お気軽にご相談ください。

北九州健診診療所

八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)

福岡健診診療所

大分労働衛生管理センター

乳がんについて
乳がんのはなし(基礎知識)
乳がん検診のご案内

健康診断バス

施設案内
北九州健診診療所(小倉)
八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)
福岡健診診療所(福岡)
大分労働衛生管理センター(大分)
北九州PET健診センター
環境測定センター北九州事業部
環境測定センター大分事業部
若杉病院