1. ホーム
  2. 西日本産業衛生会について/概要・沿革

西日本産業衛生会について

概要・沿革

概要

 私たちが健康な生活をおくるためには、病気に先手を打って予防する、早期に発見して的確に治癒することによる健康の維持・増進が最大の秘訣です。

 このような理念に基づき、昭和30年当法人は北九州市に健診機関として誕生、45年には財団法人 西日本産業衛生会としてあらためて発足いたしました。以来、今日に至るまで皆様の暮らしの中で健康を守り創る要として、労働安全衛生法に定められた健康診断をはじめとする生活習慣病、がん検診、人間ドックなど、広範囲にわたる予防活動に従事、皆様の職場、学校、家庭と広く社会に溶け込み、健康を守り、創っていくお手伝いをいたしております。

 21世紀は文明、社会はもちろん医療環境までも大きな進歩と共にめまぐるしい変化が予想されます。新しい時代の変革に伴って、私たちの健康生活にも新たな影響が生じることも否めません。このような時代に、西日本産業衛生会は長年積み上げてきたノウハウを活かし、さらに新しい発想と先進の医療技術・医療設備を駆使して、予防から高度医療,真心を込めたアフターケアに至るまでのトータルヘルスチェックの理想を追求して、皆様の健康づくりを通して生涯のおつき合いをお願いしたいと思っています。

沿革

昭和30年 5月 創業
昭和44年 10月 社団法人 全国労働衛生団体連合会に加入(全衛連)
昭和45年 11月
  • 財団法人 西日本産業衛生会を設立
  • 産業衛生研究所(現北九州健診診療所)、ならびに病院給食研究所(現北九州病院給食センター)を開設
昭和46年 10月 若杉病院、ならびに八幡診療所(現北九州産業衛生診療所)を開設
昭和47年 6月 環境測定室(現北九州環境測定センター)、ならびに中央検査センター(現北九州中央検査センター)を開設
昭和48年 2月 大分産業衛生研究所および付属舞鶴診療所(現大分労働衛生管理センターおよび現付属大分産業衛生診療所)を開設
昭和55年 3月 社団法人 作業環境測定協会に加入(日測協)
平成4年 2月 大分労働衛生管理センターを大分市高城南町に新築移転
平成7年 2月 北九州産業衛生診療所を北九州市八幡東区山王に新築移転
平成13年 3月 財団法人 西日本産業衛生会本部および北九州健診診療所を北九州市小倉北区室町に新築移転
6月 福岡検診所を開設(現福岡健診診療所)
平成16年 8月 北九州PET健診センターを開設
平成17年 1月 北九州健診診療所にレディース健診フロアを開設
5月 北九州病院グループ創立50周年
平成20年 1月 全施設内X線機器デジタル化完了
9月 福岡健診診療所、健診フロア増床に伴う改装工事完了
平成21年 1月 北九州産業衛生診療所運動機能室の設置に伴う改装工事完了
5月 大分労働衛生管理センター、一部バリアフリー化改装工事完了
平成25年 4月 公益法人関連法の規定に基づき非営利型財団法人
「一般財団法人西日本産業衛生会」に移行
平成28年 3月 北九州産業衛生診療所 八幡東区東田に新築移転
新施設名称は「八幡健診プラザ」
西日本産業衛生会について
概要・沿革
コンセプト
組織・役員名簿
交通アクセス

健康診断バス

施設案内
北九州健診診療所(小倉)
八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)
福岡健診診療所(福岡)
大分労働衛生管理センター(大分)
北九州PET健診センター
環境測定センター北九州事業部
環境測定センター大分事業部
若杉病院